Who is the man

私がプロデュースした過去の不動産事業について
テーマごとにお話しさせていただいたインタビュー記事、
現在の不動産市場についての所感やプライベートな活動を                                 書き綴ったブログ、様々なお知らせといったコンテンツを                                 ご用意しています。ぜひご覧下さい。

インフォメーション 経営者Web Magazine 『THE ROOTS〜ルーツを辿るその先に見えるもの』に掲載 2019.09.25

経営者Web Magazine 『THE ROOTS〜ルーツを辿るその先に見えるもの』に掲載

この度、田中扶美男が、Web Magazine『THE ROOTS〜ルーツを辿るその先に見えるもの〜』に掲載されました。「現在の仕事に就いた経緯」や「仕事へのこだわり」「若者へのメッセージ」等、 他業界の著名な経営者の方々も多数語っております。様々な考え方は参考になります。 続きを読む

インフォメーション 北海道宗谷町村会と東京都港区連携の第1回「ワーキングホリデー」に参加し宗谷新聞に掲載 2019.07.24

北海道宗谷町村会と東京都港区連携の第1回「ワーキングホリデー」に参加し宗谷新聞に掲載

この度、田中扶美男が令和元年7月24日に掲載されましたのでご紹介いたします。天塩郡豊富町開催の第16回「サロベツ100マイルロード」で総務委員としての支援と豊富温泉三代目「川島旅館」での乳製品の加工のお手伝いの様子です。 続きを読む

インフォメーション 『ひだアンバサダー』として飛騨地域創生連携協議会(高山市・飛騨市・下呂市・白川村)から任命 2019.01.30

『ひだアンバサダー』として飛騨地域創生連携協議会(高山市・飛騨市・下呂市・白川村)から任命

この度、田中扶美男が平成31年1月26日付で飛騨地域創生連携協議会から移住サポーターとして任命されました。かねてから東京と地方での二拠点居住を検討している中で、飛騨の魅力をより知ることで自らの移住の実現を目指しつつ、同様な立場の方や支援する方々と交流するうちにこういった取り組みをすることとなりました。 続きを読む

インフォメーション 港区『まちづくりコンサルタント』、渋谷区『まちづくりの専門家』として認定登録 2018.12.25

港区『まちづくりコンサルタント』、渋谷区『まちづくりの専門家』として認定登録

この度、アトランテ株式会社(東京都港区、代表取締役:田中扶美男)は、東京都港区より『まちづくりコンサルタント』登録決定通知書を平成30年11月15日付で受領いたしました。 また、東京都渋谷区より『まちづくりの専門家』登録決定通知書を平成30年12月12日付で受領いたしましたことも合わせてご報告いたします。 続きを読む

インフォメーション 一般社団法人 マンション建替推進協会 理事就任 2018.07.05

一般社団法人 マンション建替推進協会 理事就任

この度、田中扶美男が、平成30年年7月1日付で一般社団法人マンション建替推進協会の理事に就任することになりました。 また、アトランテ株式会社(東京都港区、代表取締役:田中扶美男)が、同月5日付で同協会の賛助会員となりましたことも合わせてご報告いたします。 続きを読む

インフォメーション 多摩信用金庫 新本店本部ビル着工 2018.06.15

多摩信用金庫 新本店本部ビル着工

この度、アトランテ株式会社(東京都港区、代表取締役:田中扶美男)が、昨年3月よりプロジェクトマネジメント業務を推進している多摩信用金庫(東京都立川市、理事長:八木敏郎) 新本店本部ビル新築工事を本年3月20日に無事着手したことをご報告いたします。 続きを読む

インフォメーション 都会と田舎の二地域居住を模索しながら、地域を活性化する会社として、建通新聞 東京版に掲載 2018.01.26

都会と田舎の二地域居住を模索しながら、地域を活性化する会社として、建通新聞 東京版に掲載

建設ニュースや入札情報などに特化した建設日刊専門紙「建通新聞 東京版」に平成30年1月26日に掲載されましたのでご紹介致します。 街の活力には独自の文化と歴史と産業が必要であり、そこに住む人々とどう関わるかを候補地を回りながら二地域居住先を模索中。年頭所感として、マンションの建替支援や古民家活用に着手することで地域活性化を目指す。 続きを読む

インフォメーション 金融機関本店・本部ビルの建替計画におけるプロジェクトマネジメント業務を受託 2017.06.22

金融機関本店・本部ビルの建替計画におけるプロジェクトマネジメント業務を受託

この度、アトランテ株式会社(東京都港区 代表取締役:田中扶美男)は、金融機関の本店・本部ビルの老朽化に伴い、新たな場所で建替する計画のプロジェクトマネジメント業務を受託した。着工は来年3月、竣工は2020年春の予定。建設地は3.6haの街区の一角に位置し、劇場やホテル、店舗等の複合施設(延床面積約74,500㎡)として同時に誕生する。 続きを読む

人気のある記事

  • インタビューPICKUP #06 ファンドマネジメント【リゾートホテル開発】《季の湯 雪月花ホテル》神奈川県足柄下郡箱根町〜2006年10月竣工 2016.10.10

    #06 ファンドマネジメント【リゾートホテル開発】《季の湯 雪月花ホテル》神奈川県足柄下郡箱根町〜2006年10月竣工

    Q. この物件が企画された頃の時代背景は? 国内の宿泊施設(旅館やホテル)は80年の85千軒をピークに05年には64千軒(75%)に減少。企業リストラの一環で福利厚生施設の処分が全盛の頃、特に郊外やリゾート地の施設は売却対象としてマーケットに数多く存在し、温泉地として国内有数の「箱根」とて例外でなく、低稼働な宿泊施設が散見されていた05年当時でした。

    続きを読む
  • インタビューPICKUP #05 不動産再生【専門学校を店舗ビルへ転用】《Broom Fukuokaビル》福岡県福岡市中央区大名二丁目〜1986年7月竣工/2006年12月改修 2016.10.10

    #05 不動産再生【専門学校を店舗ビルへ転用】《Broom Fukuokaビル》福岡県福岡市中央区大名二丁目〜1986年7月竣工/2006年12月改修

    Q. この物件が企画された頃の時代背景は? 物件仕入競争が地方都市まで波及し、既存収益物件の価格高騰が激化し売り物件の品薄感は極限に達していました(05年)。 04年末オフィスビル空室率は、福岡ビジネス主要6地区で10.8%超、東京都心五区は6.1%で、需給環境は改善してきたもの、依然として予断は許さない状況でした。

    続きを読む
  • インタビューPICKUP #03 不動産開発・商品企画【建替型分譲マンション開発】《シエルトーレ三番町》東京都千代田区三番町〜2003年3月竣工 2016.10.10

    #03 不動産開発・商品企画【建替型分譲マンション開発】《シエルトーレ三番町》東京都千代田区三番町〜2003年3月竣工

    Q. この物件が企画された頃の時代背景は? 日銀による空前の金融緩和策「ゼロ金利政策」や内閣による総合経済対策、財政構造改革停止法を成立させ、金融機能早期健全化法により銀行への公的資本注入を可能としたことで金融不安は一段落したものの(99年)、企業倒産の負債総額が約24兆円で過去最悪、そごうは本年施行された民事再生法により再生開始(00年) 一方で、首都圏の新築分譲マンションは94年から毎年8万戸前後の供給が06年まで続き、00年には戦後史上最多の大量供給9.5万戸となる時に本事業に着手しました。

    続きを読む