Who is the man

私がプロデュースした過去の不動産事業について
テーマごとにお話しさせていただいたインタビュー記事、
現在の不動産市場についての所感やプライベートな活動を
書き綴ったブログ、様々なお知らせといったコンテンツを
ご用意しています。ぜひご覧下さい。

インタビューPICKUP #03 不動産開発・商品企画【建替型分譲マンション開発】《シエルトーレ三番町》東京都千代田区三番町〜2003年3月竣工 2016.10.10

#03 不動産開発・商品企画【建替型分譲マンション開発】《シエルトーレ三番町》東京都千代田区三番町〜2003年3月竣工

Q. この物件が企画された頃の時代背景は?

日銀による空前の金融緩和策「ゼロ金利政策」や内閣による総合経済対策、財政構造改革停止法を成立させ、金融機能早期健全化法により銀行への公的資本注入を可能としたことで金融不安は一段落したものの(99年)、企業倒産の負債総額が約24兆円で過去最悪、そごうは本年施行された民事再生法により再生開始(00年)
一方で、首都圏の新築分譲マンションは94年から毎年8万戸前後の供給が06年まで続き、00年には戦後史上最多の大量供給9.5万戸となる時に本事業に着手しました。

Q. この物件のコンセプトは?

半蔵門駅からも至近な高級住宅地「番町」の中でも、皇居が見下ろせる希少性のある高台に立地。
差別化のポイントとして、敷地内に当時としては珍しいロータリー式の車寄せや緑道(公開空地)を配した正統派高級マンション仕様のアプローチを演出しました。また、開口部には、当時の住宅としては珍しいカーテンウォールを採用し、眺望確保や外観に特徴をもたせ差別化を図りました。
 

Q. この物件が当時、画期的だった点は?

「究極のセキュリティ」として、分譲マンションとしては日本初の交番をビルドインした高級マンション。千代田区認定としては初の総合設計制度の導入で容積率100%超の割増と補助金の獲得や事業者の「住宅附置義務とばし」を複数受け入れることが出来たことで事業計画の大幅な向上が図れて画期的でした。
 

Q. この物件で苦労した点、問題になった点は?

築50年弱の区分所有者が複数残る本件を居抜きで1件ずつ1年かけて計画的に購入して行ったが、最後まで売却同意が取れない既存権利者が1件残ってしまいました。

Q. その問題を解決した方法は?

想定の範囲内ではあったので、臨時管理組合総会の招集から手続きを粛々と進め、建替決議を確定させることにより売渡請求権を活用しながら、区分所有者と交渉を進めました。結果、等価交換事業として、一旦買取後、新築建物として譲渡してご満足いただくことが出来ました。

以上です。
ご多忙のところ、ご協力ありがとうございます。

★さらにご興味をいただけた方は会社HPも是非ご覧ください!★
アトランテ株式会社→http://www.atlante.co.jp

新着記事

  • ブログ 文月 令和元年~北海道天塩郡豊富町「日本最北端の街でのボランティア活動を通して」 2019.07.30

    文月 令和元年~北海道天塩郡豊富町「日本最北端の街でのボランティア活動を通して」

    東京が梅雨の真っ只中の今月下旬に、日本最北端の北海道宗谷地域に1週間ほどボランティア活動に行って来た。東京商工会議所を通して、港区と宗谷地域が5年前?に 提携したことで実現した第1回「ワーキングホリデー」制度を利用したものだが、実は年齢制限があったため一旦は断られたが、定員不足とのことでお鉢が回ってきたことによる参加だった。

    続きを読む
  • インフォメーション 北海道宗谷町村会と東京都港区連携の第1回「ワーキングホリデー」に参加し宗谷新聞に掲載 2019.07.24

    北海道宗谷町村会と東京都港区連携の第1回「ワーキングホリデー」に参加し宗谷新聞に掲載

    この度、田中扶美男が令和元年7月24日に掲載されましたのでご紹介いたします。天塩郡豊富町開催の第16回「サロベツ100マイルロード」で総務委員としての支援と豊富温泉三代目「川島旅館」での乳製品の加工のお手伝いの様子です。

    続きを読む
  • ブログ 水無月 令和元年~古都である奈良と京都の違いと奈良の将来性 2019.06.30

    水無月 令和元年~古都である奈良と京都の違いと奈良の将来性

    奈良と京都。いずれも日本を代表する古都。国宝や重要文化財の数は共に日本有数。観光資源は社寺、仏像と共通するところも多い。過去に日本の都でありながらその後一千年以上経過した現在、人口だけ見ても奈良県は147万人で京都府の約半分。奈良市は36万人で京都市の約1/4とその差は歴然。では何故にそうなったのか?歴史や文化、県民性の違いから現状を考察し、特に奈良の将来性を展望してみた。

    続きを読む