Who is the man

私がプロデュースした過去の不動産事業についてテーマごとに
お話しさせていただいた「インタビュー」、現在の不動産市場に
ついての所感やプライベートな活動を書き綴った「ブログ」、
最新の活動状況についてのお知らせ「インフォメーション」と
いったコンテンツを用意しています。ぜひご覧下さい。

ブログ 水無月 令和元年~古都である奈良と京都の違いと奈良の将来性 2019.06.30

水無月 令和元年~古都である奈良と京都の違いと奈良の将来性 奈良と京都。いずれも日本を代表する古都。国宝や重要文化財の数は共に日本有数。観光資源は社寺、仏像と共通するところも多い。過去に日本の都でありながらその後一千年以上経過した現在、人口だけ見ても奈良県は147万人で京都府の約半分。奈良市は36万人で京都市の約1/4とその差は歴然。では何故にそうなったのか?歴史や文化、県民性の違いから現状を考察し、特に奈良の将来性を展望してみた。

  
歴史面では、卑弥呼や大化の改新など、古代史の舞台となり日本国の原型でその都であった奈良。平安時代以降(平安京へ遷都)現在まで、帝がおわすところとして、日本の中心であり続けた京都。
   
文化面では、古墳・遺跡・社寺・仏像、全て古い歴史(京都と違い大部分が消失しておらず当時のまま現存)を持ち「古き良き田舎の原風景」の空気感が漂うのが奈良。遣唐使を廃止してから生まれた国風文化の中心でもあり、現在「日本らしさ」を感じる文化や風習などの大部分は京都発祥のもので、社寺・仏像・庭園など魅力が分かりやすいのが京都。

   

  
県民性の面では、奈良は「大和の寝倒れ」というようにのんびりとした気質で鹿を放し飼いにする悠々自適ぶり。「大仏商法」で待ちの姿勢を保ちつつ目先の金に執着する。コンプレックスやストレスとも無縁だが、やはり古都、田舎扱いされると向きになる。一方、京都は気に入ったものは躊躇なく取り入れる進歩的な頭脳を持ちながら、せかせかしたところが全くない。揺るぎない都人の誇りがある。〜「県民性一覧」日本辞典 出典

   
観光庁調査(2016年)によれば、奈良の観光客は年間22百万人で京都の半分弱。その内宿泊客は1.6百万人で10人に1人も泊まらないで日帰りもしくは他県に宿泊しているのが現状。
華やかな京都と比べれば、奈良の観光資源である仏像や建築物や街並みは全て「素朴」。だが、それは1千年以上にわたって地域から大事に拝まれた歴史を持つ、途方もないスケールの素朴さである。また、夜が寂しい?ので京都や大阪へ客が流れるというが、食文化は大和野菜をはじめブランド牛ではないが大和牛も美味しく、県の施設や用地を民間に開放してインターナショナルホテルや旅館も建設が進み、宿泊施設といった」インフラも整備されつつある。地域の方には、本物価値の分かる大人ののんびりとした楽しみ方を醸成することを期待したい。



★さらにご興味をいただけた方は、弊社ホームページも是非ご覧下さい★
▼アトランテ株式会社
http://www.atlante.co.jp 

新着記事

  • ブログ 葉月 令和三年〜富嶽三十六景 葛飾北斎『北斎づくし』展を観て 2021.08.25

    葉月 令和三年〜富嶽三十六景 葛飾北斎『北斎づくし』展を観て

    『富嶽三十六景』とは、葛飾北斎が江戸時代後期に富士を描いた浮世絵版画の名作。奇抜な構図や鮮烈な色彩で日本人を魅了し、世界の芸術家たちにも大きな影響を与え日本絵画を代表する作品。題名の通りまずは36点を刊行するが売れ行きが好調だったようで、さらに10点が追加され実は全部で46点で北斎作品の中でも最も点数の多い錦絵の揃物となった。

    続きを読む
  • ブログ 卯月 令和三年〜長野県安曇野市から白馬村まで『安曇野アートライン』エリアマネジメント 2021.04.27

    卯月 令和三年〜長野県安曇野市から白馬村まで『安曇野アートライン』エリアマネジメント

    北アルプスの麓に、南は安曇野市から大町市を経て北は白馬村まで約50kmに19の美術館・博物館・公園が点在する道。北アルプスの山並みと街並までもがアートとして独自の景観を成している。40年前の学生時代にスキーに明け暮れた大好きな街が、20数年前から文化・芸術・地域への貢献活動を継続して魅力あるエリアへと変貌していることに感動する。

    続きを読む
  • ブログ 長月 令和二年〜我が故郷『埼玉県草加市』に対して何か出来ること 2020.09.28

    長月 令和二年〜我が故郷『埼玉県草加市』に対して何か出来ること

    私は物心ついた頃から四半世紀、ここに住んでいた。したがって、学生時代と社会人初期の頃はここで育ち、親は今も住んでいる。草加を離れて同じく四半世紀超を横浜で過ごしているが、古き良き草加は紛れもなく『私のDNAを育んだ街』である。50を過ぎて改めて、この街に何か恩返しが出来ないだろうか?と考えてみようと思う。

    続きを読む