Who is the man

私がプロデュースした過去の不動産事業について
テーマごとにお話しさせていただいたインタビュー記事、
現在の不動産市場についての所感やプライベートな活動を
書き綴ったブログ、様々なお知らせといったコンテンツを
ご用意しています。ぜひご覧下さい。

ブログ 長月&神無月 平成三十年〜長崎県長崎市端島”世界文化遺産「軍艦島」”から平和公園へ『近代化による技術革新の行方』 2018.10.08

長月&神無月 平成三十年〜長崎県長崎市端島”世界文化遺産「軍艦島」”から平和公園へ『近代化による技術革新の行方』
長崎港から南西に約18kmに位置する端島。海底炭鉱の島で高層鉄筋アパートが建ち並ぶその外観が軍艦「土佐」に似ていることから「軍艦島」と呼ばれるようになった。日本最古(築102年)の7階建鉄筋コンクリート造の高層アパート群を間近に観ることで、日本の近代化の息吹を感じ、今尚活かされている技術力を思い知ることとなった。

  
1890年に三菱合資会社の経営となり民間事業でありながら、その技術力には驚かされた。
(1)同潤会アパート完成8年前の1916年には、日本初の鉄筋コンクリート造の集合住宅を建設。
(2)最盛期には5300人が島に住み、当時の東京都の9倍の人口密度の高い街づくり。
(3)当初、島の大きさは現在の1/3程度であったが、6回にわたる埋め立てで護岸堤防の拡張。
(4)1891年から1974年の閉山まで、海面下1000m以上の地点で無事に採掘作業完遂。

 
島(東京ミッドタウンの2/3程度の広さ)には、集合住宅30棟(最高10階建て)の他に学校や病院、商店、映画館やパチンコホールなどの娯楽施設も揃っていた。
集合住宅には中庭に面して吹抜けの廊下と階段があり、屋上には日本初の家庭菜園があり、各階にはダストシュートも設置されていた。

    
皮肉なことに原爆もまた、違った形での近代化による技術革新の証であった。
造船所や製鋼所、兵器製作所などの工場が集まっていた長崎は原爆投下により当時24万人の市民の62%弱の148千人が負傷者を含む犠牲となった。
余談ではあるが、実父は学徒動員により三菱造船所で働いていた時に被曝した(爆心地より約1.5km)が、奇跡的に助かった。そのおかげで私も生を受けたことになる(感謝)

★さらにご興味をいただけた方は、弊社ホームページも是非ご覧下さい★
▼アトランテ株式会社
http://www.atlante.co.jp 


新着記事

  • インフォメーション 経営者Web Magazine 『THE ROOTS〜ルーツを辿るその先に見えるもの』に掲載 2019.09.25

    経営者Web Magazine 『THE ROOTS〜ルーツを辿るその先に見えるもの』に掲載

    この度、田中扶美男が、Web Magazine『THE ROOTS〜ルーツを辿るその先に見えるもの〜』に掲載されました。「現在の仕事に就いた経緯」や「仕事へのこだわり」「若者へのメッセージ」等、 他業界の著名な経営者の方々も多数語っております。様々な考え方は参考になります。

    続きを読む
  • ブログ 文月 令和元年~北海道天塩郡豊富町「日本最北端の街でのボランティア活動を通して」 2019.07.30

    文月 令和元年~北海道天塩郡豊富町「日本最北端の街でのボランティア活動を通して」

    東京が梅雨の真っ只中の今月下旬に、日本最北端の北海道宗谷地域に1週間ほどボランティア活動に行って来た。東京商工会議所を通して、港区と宗谷地域が5年前?に 提携したことで実現した第1回「ワーキングホリデー」制度を利用したものだが、実は年齢制限があったため一旦は断られたが、定員不足とのことでお鉢が回ってきたことによる参加だった。

    続きを読む
  • インフォメーション 北海道宗谷町村会と東京都港区連携の第1回「ワーキングホリデー」に参加し宗谷新聞に掲載 2019.07.24

    北海道宗谷町村会と東京都港区連携の第1回「ワーキングホリデー」に参加し宗谷新聞に掲載

    この度、田中扶美男が令和元年7月24日に掲載されましたのでご紹介いたします。天塩郡豊富町開催の第16回「サロベツ100マイルロード」で総務委員としての支援と豊富温泉三代目「川島旅館」での乳製品の加工のお手伝いの様子です。

    続きを読む