Who is the man

私がプロデュースした過去の不動産事業についてテーマごとに
お話しさせていただいた「インタビュー」、現在の不動産市場に
ついての所感やプライベートな活動を書き綴った「ブログ」、
最新の活動状況についてのお知らせ「インフォメーション」と
いったコンテンツを用意しています。ぜひご覧下さい。

ブログ 長月&神無月 平成三十年〜長崎県長崎市端島”世界文化遺産「軍艦島」”から平和公園へ『近代化による技術革新の行方』 2018.10.08

長月&神無月 平成三十年〜長崎県長崎市端島”世界文化遺産「軍艦島」”から平和公園へ『近代化による技術革新の行方』
長崎港から南西に約18kmに位置する端島。海底炭鉱の島で高層鉄筋アパートが建ち並ぶその外観が軍艦「土佐」に似ていることから「軍艦島」と呼ばれるようになった。日本最古(築102年)の7階建鉄筋コンクリート造の高層アパート群を間近に観ることで、日本の近代化の息吹を感じ、今尚活かされている技術力を思い知ることとなった。

  
1890年に三菱合資会社の経営となり民間事業でありながら、その技術力には驚かされた。
(1)同潤会アパート完成8年前の1916年には、日本初の鉄筋コンクリート造の集合住宅を建設。
(2)最盛期には5300人が島に住み、当時の東京都の9倍の人口密度の高い街づくり。
(3)当初、島の大きさは現在の1/3程度であったが、6回にわたる埋め立てで護岸堤防の拡張。
(4)1891年から1974年の閉山まで、海面下1000m以上の地点で無事に採掘作業完遂。

 
島(東京ミッドタウンの2/3程度の広さ)には、集合住宅30棟(最高10階建て)の他に学校や病院、商店、映画館やパチンコホールなどの娯楽施設も揃っていた。
集合住宅には中庭に面して吹抜けの廊下と階段があり、屋上には日本初の家庭菜園があり、各階にはダストシュートも設置されていた。

    
皮肉なことに原爆もまた、違った形での近代化による技術革新の証であった。
造船所や製鋼所、兵器製作所などの工場が集まっていた長崎は原爆投下により当時24万人の市民の62%弱の148千人が負傷者を含む犠牲となった。
余談ではあるが、実父は学徒動員により三菱造船所で働いていた時に被曝した(爆心地より約1.5km)が、奇跡的に助かった。そのおかげで私も生を受けたことになる(感謝)

★さらにご興味をいただけた方は、弊社ホームページも是非ご覧下さい★
▼アトランテ株式会社
http://www.atlante.co.jp 


新着記事

  • インフォメーション 東京都品川区東五反田二丁目において市街地再開発準備組合設立及び理事長就任 2024.04.26

    東京都品川区東五反田二丁目において市街地再開発準備組合設立及び理事長就任

    この度、田中扶美男が区分所有しているマンションを含めた地区において、市街地再開発事業を行うにあたり準備組合が3月25日付で設立された事を報告致します。なお、組合の理事長として同人が選出され、同日の総会で賛成多数で可決されました。今後は2026年度までに都市計画決定の実現を目指しますので、関係者の皆様にはご支援を頂きたいと思います。

    続きを読む
  • ブログ 弥生 令和六年~横須賀美術館/観音崎公園で、自らの還暦を想う。 2024.03.15

    弥生 令和六年~横須賀美術館/観音崎公園で、自らの還暦を想う。

    先日、「建築家のノーベル賞」と呼ばれるプリツカ―賞に日本人9人目の受賞者として、「建築を通じたコミュニティ創出」が評価され山本理顕氏が表彰された。彼の代表作のひとつである横須賀美術館(市制100周年を記念し2006年7月築)で、この日還暦を迎えた心境 を語りたい。

    続きを読む
  • インフォメーション 小規模店舗ビル開発第二弾 浅草雷門そばで着工 2024.02.16

    小規模店舗ビル開発第二弾 浅草雷門そばで着工

    この度、アトランテ株式会社(東京都港区 代表取締役:田中扶美男)が、昨年8月よりプロジェクトマネジメントを助言している店舗ビル新築計画を2月14日に着工した事を報告致します。同日、安全祈願祭を浅草神社で執り行われました。

    続きを読む