Who is the man

私がプロデュースした過去の不動産事業についてテーマごとに
お話しさせていただいた「インタビュー」、現在の不動産市場に
ついての所感やプライベートな活動を書き綴った「ブログ」、
最新の活動状況についてのお知らせ「インフォメーション」と
いったコンテンツを用意しています。ぜひご覧下さい。

ブログ 皐月&水無月 平成三十年〜東京都中央区日本橋『山王祭』日枝神社神輿渡御_江戸東京に誇れる文化 2018.06.10

皐月&水無月 平成三十年〜東京都中央区日本橋『山王祭』日枝神社神輿渡御_江戸東京に誇れる文化
京都の祇園祭、大阪の天神祭と並んで日本三大祭りに数えられる東京の山王祭。
遷都百五十年、三代将軍徳川家光公以来、歴代の将軍が上覧拝礼する平成最後の 「天下祭」。都心の氏子地域を丸一日かけて巡幸する山王祭は、皇居内に入ることを許された唯一の祭りである。本祭は隔年執行のため、次回は東京オリンピックの開催年と重なる。次代へ受けつぐべきものを肌で感じるべく、午前8時に日枝神社男坂下に集合。

  
みな町会や団体により想い想いの半纏を身に纏い、帯や鉢巻、小物入れに粋な個性を塗した出で立ちで参上。日枝神社の表参道である石段五十三段の「男坂」を神輿を担いで上がる。この時点では小雨程度なため、石段を滑る事なく無事宮入り完了。

  
正午には京橋三丁目に山車や神輿17基が中央通りに勢揃い。雨が激しさを増す中、高提灯を先頭に各町会が一斉にまずは日本橋を目指して出発。
まさに、”一万人もの担ぎ手たちが、江戸東京のど真ん中を埋め尽くす。” といった表現がピッタリ。近年は企業の参加も多くなり、再開発が公表ベースで7地区で進行中なためデベロッパーやゼネコンの半纏が目に付く。企業の地元への本気度は、多様な取り組みと多世代の参画が継続出来るかが課題と感じた。

  
日本橋上で天に向かって神輿を差し上げ、クライマックスを迎える。ここを折り返し更なる盛り上がりは高島屋店内へ宮入し一本締めで執行。合計約1.5Kmを2時間半かけて巡行し、結局雨は降り続け平成最後の下町連合による神輿渡御は終わる。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    
  
最後はオンワード樫山様の敷地に移動して、設営された御神酒所前で一本締めで解散。
こんなにも熱く地域に愛着のある人びとは、ここで住み、働き、集うことで「祭り」を通して、伝統と歴史を継承することに使命感を感じた。
江戸橋連合会のみなさまをはじめ、担ぎ手、裏方の方全ての関係者に感謝いたします。

★さらにご興味をいただけた方は会社HPも是非ご覧ください★
アトランテ株式会社→http://www.atlante.co.jp

新着記事

  • ブログ 葉月 令和三年〜富嶽三十六景 葛飾北斎『北斎づくし』展を観て 2021.08.25

    葉月 令和三年〜富嶽三十六景 葛飾北斎『北斎づくし』展を観て

    『富嶽三十六景』とは、葛飾北斎が江戸時代後期に富士を描いた浮世絵版画の名作。奇抜な構図や鮮烈な色彩で日本人を魅了し、世界の芸術家たちにも大きな影響を与え日本絵画を代表する作品。題名の通りまずは36点を刊行するが売れ行きが好調だったようで、さらに10点が追加され実は全部で46点で北斎作品の中でも最も点数の多い錦絵の揃物となった。

    続きを読む
  • ブログ 卯月 令和三年〜長野県安曇野市から白馬村まで『安曇野アートライン』エリアマネジメント 2021.04.27

    卯月 令和三年〜長野県安曇野市から白馬村まで『安曇野アートライン』エリアマネジメント

    北アルプスの麓に、南は安曇野市から大町市を経て北は白馬村まで約50kmに19の美術館・博物館・公園が点在する道。北アルプスの山並みと街並までもがアートとして独自の景観を成している。40年前の学生時代にスキーに明け暮れた大好きな街が、20数年前から文化・芸術・地域への貢献活動を継続して魅力あるエリアへと変貌していることに感動する。

    続きを読む
  • ブログ 長月 令和二年〜我が故郷『埼玉県草加市』に対して何か出来ること 2020.09.28

    長月 令和二年〜我が故郷『埼玉県草加市』に対して何か出来ること

    私は物心ついた頃から四半世紀、ここに住んでいた。したがって、学生時代と社会人初期の頃はここで育ち、親は今も住んでいる。草加を離れて同じく四半世紀超を横浜で過ごしているが、古き良き草加は紛れもなく『私のDNAを育んだ街』である。50を過ぎて改めて、この街に何か恩返しが出来ないだろうか?と考えてみようと思う。

    続きを読む