Who is the man

私がプロデュースした過去の不動産事業についてテーマごとに
お話しさせていただいた「インタビュー」、現在の不動産市場に
ついての所感やプライベートな活動を書き綴った「ブログ」、
最新の活動状況についてのお知らせ「インフォメーション」と
いったコンテンツを用意しています。ぜひご覧下さい。

ブログ 如月 平成三十年〜群馬県太田市美術館・図書館『地域復興に貢献可能な公共施設のあり方』 2018.02.26

如月 平成三十年〜群馬県太田市美術館・図書館『地域復興に貢献可能な公共施設のあり方』 東武線特急りょうもうで都内から約90分で太田駅へ。その北口駅前に昨年4月にオープンした太田市美術館・図書館。現SUBARUの企業城下町である”ものづくり太田市”に知と感性のプラットフォームとしてまちづくりの拠点に企図した公共施設。

   

  
ハード的には、5個の鉄筋コンクリート造の箱の周りに鉄骨造のスロープが巻かれている建物構成。来館者は、時には靴を脱いで、時には陽だまりの階段で、時には屋外・屋上テラスで、思い思いにその場で座って読める。

  
ソフト的には、海外絵本児童書が1万冊超、アートブックが9千冊の蔵書は圧巻。
1階には、地元で人気のBLACKSMITH COFFEEが手がけたシアトル系カフェを配置。地産地消で太田市の魅力を食で伝える。

   
老若男女の多世代が、まるで我が家のリビングに居るような寛ぎを見ると、デザイナーやプロデューサーの思想が浸透されているのを感じる。また開業後1年足らずで早くも年間来館目標の3倍の30万人を突破していることからも、人口22万人弱の都市では既に街の溜まり場になっていることを数字的にも裏付ける。

昨今では、佐賀県武雄市の「蔦屋書店武雄図書館」をはじめ、富山県中新川郡の「舟橋村立図書館」や岩手県紫波中央駅前の「紫波町立図書館」等の成功例のように、今や図書館は、”人と資料”ではなく”人と人(街)”を結びつける新しい存在へと変貌を遂げている。

★さらにご興味をいただけた方は会社HPも是非ご覧ください★
アトランテ株式会社→http://www.atlante.co.jp

新着記事

  • ブログ 葉月 令和三年〜富嶽三十六景 葛飾北斎『北斎づくし』展を観て 2021.08.25

    葉月 令和三年〜富嶽三十六景 葛飾北斎『北斎づくし』展を観て

    『富嶽三十六景』とは、葛飾北斎が江戸時代後期に富士を描いた浮世絵版画の名作。奇抜な構図や鮮烈な色彩で日本人を魅了し、世界の芸術家たちにも大きな影響を与え日本絵画を代表する作品。題名の通りまずは36点を刊行するが売れ行きが好調だったようで、さらに10点が追加され実は全部で46点で北斎作品の中でも最も点数の多い錦絵の揃物となった。

    続きを読む
  • ブログ 卯月 令和三年〜長野県安曇野市から白馬村まで『安曇野アートライン』エリアマネジメント 2021.04.27

    卯月 令和三年〜長野県安曇野市から白馬村まで『安曇野アートライン』エリアマネジメント

    北アルプスの麓に、南は安曇野市から大町市を経て北は白馬村まで約50kmに19の美術館・博物館・公園が点在する道。北アルプスの山並みと街並までもがアートとして独自の景観を成している。40年前の学生時代にスキーに明け暮れた大好きな街が、20数年前から文化・芸術・地域への貢献活動を継続して魅力あるエリアへと変貌していることに感動する。

    続きを読む
  • ブログ 長月 令和二年〜我が故郷『埼玉県草加市』に対して何か出来ること 2020.09.28

    長月 令和二年〜我が故郷『埼玉県草加市』に対して何か出来ること

    私は物心ついた頃から四半世紀、ここに住んでいた。したがって、学生時代と社会人初期の頃はここで育ち、親は今も住んでいる。草加を離れて同じく四半世紀超を横浜で過ごしているが、古き良き草加は紛れもなく『私のDNAを育んだ街』である。50を過ぎて改めて、この街に何か恩返しが出来ないだろうか?と考えてみようと思う。

    続きを読む