Who is the man

私がプロデュースした過去の不動産事業についてテーマごとに
お話しさせていただいた「インタビュー」、現在の不動産市場に
ついての所感やプライベートな活動を書き綴った「ブログ」、
最新の活動状況についてのお知らせ「インフォメーション」と
いったコンテンツを用意しています。ぜひご覧下さい。

ブログ 皐月&水無月 平成二十九年〜北海道虻田郡ニセコ『インバウド特需が実需にかわるとき』 2017.09.30

皐月&水無月 平成二十九年〜北海道虻田郡ニセコ『インバウド特需が実需にかわるとき』
今でこそインバウンドといった言葉が一般的になったが、実は2003年初頭に一人のオーストラリア人がニセコのスキー場を訪れたことに端を発する。そして、JETROの仲立ちにより2004年8月にオーストラリアン・アルパイン・リゾート社は東急不動産からニセコ地域の花園スキー場を買収することに合意した。以降ニセコの西洋式リゾート化は進むことになる。

  
ニセコ町は北海道虻田郡6町2村のひとつとして、人口5千人、面積197㎢の通年観光リゾート地として2001年に「まちづくり基本条例」を策定し、2014年には「環境モデル都市」に選定。同じスキーリゾートで比較される長野県北安曇郡白馬村もほぼ同面積(189㎢)だが、人口はニセコの1.8倍(9千人)。2015年国勢調査によれば、人口が10年前と比較してニセコは6.0%増、白馬は6.0%減。ニセコの外国人は1.6千人と10年前の6.3倍、単純計算で実に3人に1人が外国人となる。これが白馬との決定的な相違点だ。

   
また、ニセコへの外国人観光客入込数 (2016年)は20.4万人で10年前の8.4倍に対して、訪日外国人旅行者数は2,403万人で3.5倍。ニセコへの旅行者の増加率が高いのはそのまま定着度合いを物語る。一方、訪日外国人内訳は中国、韓国、台湾の上位3カ国で65%を占めるのに対し、ニセコはオーストラリア、香港、シンガポールが圧倒的に多く、その意味することは中距離で高い旅費で訪日しているため必然的に滞在期間が長く、旅行消費額は多くなり地域の活性化に繋がる。

   
周辺には車で30分から1時間でルスツ町や洞爺湖を訪れることで、羊蹄山や海の幸、温泉までも堪能できることはニセコの十分な魅力であった。
また、隣町の倶知安町も含めてニセコには来年から2020年にかけて外資系ホテルが毎年100室程度のコンドミニアムホテルを開業することを考えると、他のスキーリゾートとは一線を画し、いよいよ完成期に入る感がある。
しかしながら、ニセコの一部のコンドミニアムが坪500万円を越えて取引されている事実を目の当たりにすると周辺との落差に愕然としつつ、これまた不動産の極みを感じる。


★さらにご興味をいただけた方は会社HPも是非ご覧ください!★
アトランテ株式会社→http://www.atlante.co.jp

新着記事

  • ブログ 葉月 令和三年〜富嶽三十六景 葛飾北斎『北斎づくし』展を観て 2021.08.25

    葉月 令和三年〜富嶽三十六景 葛飾北斎『北斎づくし』展を観て

    『富嶽三十六景』とは、葛飾北斎が江戸時代後期に富士を描いた浮世絵版画の名作。奇抜な構図や鮮烈な色彩で日本人を魅了し、世界の芸術家たちにも大きな影響を与え日本絵画を代表する作品。題名の通りまずは36点を刊行するが売れ行きが好調だったようで、さらに10点が追加され実は全部で46点で北斎作品の中でも最も点数の多い錦絵の揃物となった。

    続きを読む
  • ブログ 卯月 令和三年〜長野県安曇野市から白馬村まで『安曇野アートライン』エリアマネジメント 2021.04.27

    卯月 令和三年〜長野県安曇野市から白馬村まで『安曇野アートライン』エリアマネジメント

    北アルプスの麓に、南は安曇野市から大町市を経て北は白馬村まで約50kmに19の美術館・博物館・公園が点在する道。北アルプスの山並みと街並までもがアートとして独自の景観を成している。40年前の学生時代にスキーに明け暮れた大好きな街が、20数年前から文化・芸術・地域への貢献活動を継続して魅力あるエリアへと変貌していることに感動する。

    続きを読む
  • ブログ 長月 令和二年〜我が故郷『埼玉県草加市』に対して何か出来ること 2020.09.28

    長月 令和二年〜我が故郷『埼玉県草加市』に対して何か出来ること

    私は物心ついた頃から四半世紀、ここに住んでいた。したがって、学生時代と社会人初期の頃はここで育ち、親は今も住んでいる。草加を離れて同じく四半世紀超を横浜で過ごしているが、古き良き草加は紛れもなく『私のDNAを育んだ街』である。50を過ぎて改めて、この街に何か恩返しが出来ないだろうか?と考えてみようと思う。

    続きを読む