Who is the man

私がプロデュースした過去の不動産事業についてテーマごとに
お話しさせていただいた「インタビュー」、現在の不動産市場に
ついての所感やプライベートな活動を書き綴った「ブログ」、
最新の活動状況についてのお知らせ「インフォメーション」と
いったコンテンツを用意しています。ぜひご覧下さい。

ブログ 霜月 平成二十八年〜大分県日田市豆田町『日田天領まつり/千年あかり』 2016.11.30

霜月 平成二十八年〜大分県日田市豆田町『日田天領まつり/千年あかり』

 『地方創生』、『限界集落』などと言われて久しい地方都市の田舎町。実は、学生時代の大半を信州大糸線沿線のスキー場で居候をしていた私は、田舎がないこともあり、今も「二地域居住」や「移住」に憧れ、近い将来にはチャレンジしてみたいと考えている。そのとき、どこでどういった形で実現出来るかはわからない。

 

先日、大分県に行く機会があり、せっかくなので寄り道情報を調べてみると、祭りやライトアップ等の街イベントが県内各所で意外と開催されていることに気づく。では、ということで県北西部に位置する周囲を山で囲まれた盆地である日田市へ赴いてみた。夕方に着いてみると、メイン会場である花月川河川敷には三万本の竹灯籠が並べられ、川面を優しく照らし始めていた。


  

驚いたのは、江戸時代の風情と現代の営みが調和する豆田地区(国選定重要伝統的建造物群保存地区)では、商店街の一軒一軒でも、また老若男女、商売人や民家、皆が思い思いに手作り竹灯籠で飾り付けを楽しんでる。また、各所に真心込めて作られた光のオブジェが展示されて賑わっている。祭りだから、本来は自分たちが楽しむことは当然だろうが、私のような一見の観光客を気にすることなく、実に本気で熱中していることに妙に感動を覚えた。巷でいう限界集落や消滅都市みたいな、どちらかというと同情的、悲壮感漂った取り上げられ方とは真逆の印象であった。


 

 また、聞けばマダケ生産量日本一を誇る大分県として毎年「おおいた竹あかりの祭典」が開催されているという。10月第四週の杵築市「観月祭」を皮切りに臼杵市「うすき竹宵」、日田市「千年あかり」、竹田市「竹楽」と四週連続で「竹あかり」をつなぐ各地域で個性豊かな竹灯籠が織り成す幻想的で幽玄な世界を展開している。お互いの街の文化や歴史を尊重し、その特徴を活かした三週間は、旅行客のみならず地域住民が楽しめる機会と感じた。 


  

訪問した日田市は、上記4都市で一番人口が多く、それでも7万人。関東では千葉県旭市や群馬県藤岡市が同規模。一概に比較するものではないが「豊かに暮らす」といった観点から、いつから?どこで?どのように?生きるかを改めて考えさせられたひと時であった。

★さらにご興味をいただけた方は会社HPも是非ご覧ください!★
アトランテ株式会社→http://www.atlante.co.jp

新着記事

  • ブログ 葉月 令和三年〜富嶽三十六景 葛飾北斎『北斎づくし』展を観て 2021.08.25

    葉月 令和三年〜富嶽三十六景 葛飾北斎『北斎づくし』展を観て

    『富嶽三十六景』とは、葛飾北斎が江戸時代後期に富士を描いた浮世絵版画の名作。奇抜な構図や鮮烈な色彩で日本人を魅了し、世界の芸術家たちにも大きな影響を与え日本絵画を代表する作品。題名の通りまずは36点を刊行するが売れ行きが好調だったようで、さらに10点が追加され実は全部で46点で北斎作品の中でも最も点数の多い錦絵の揃物となった。

    続きを読む
  • ブログ 卯月 令和三年〜長野県安曇野市から白馬村まで『安曇野アートライン』エリアマネジメント 2021.04.27

    卯月 令和三年〜長野県安曇野市から白馬村まで『安曇野アートライン』エリアマネジメント

    北アルプスの麓に、南は安曇野市から大町市を経て北は白馬村まで約50kmに19の美術館・博物館・公園が点在する道。北アルプスの山並みと街並までもがアートとして独自の景観を成している。40年前の学生時代にスキーに明け暮れた大好きな街が、20数年前から文化・芸術・地域への貢献活動を継続して魅力あるエリアへと変貌していることに感動する。

    続きを読む
  • ブログ 長月 令和二年〜我が故郷『埼玉県草加市』に対して何か出来ること 2020.09.28

    長月 令和二年〜我が故郷『埼玉県草加市』に対して何か出来ること

    私は物心ついた頃から四半世紀、ここに住んでいた。したがって、学生時代と社会人初期の頃はここで育ち、親は今も住んでいる。草加を離れて同じく四半世紀超を横浜で過ごしているが、古き良き草加は紛れもなく『私のDNAを育んだ街』である。50を過ぎて改めて、この街に何か恩返しが出来ないだろうか?と考えてみようと思う。

    続きを読む