Who is the man

私がプロデュースした過去の不動産事業について
テーマごとにお話しさせていただいたインタビュー記事、
現在の不動産市場についての所感やプライベートな活動を
書き綴ったブログ、様々なお知らせといったコンテンツを
ご用意しています。ぜひご覧下さい。

インタビューPICKUP #01 土地有効活用【賃貸マンション開発】東京都港区南青山五丁目〜 1991年3月竣工 2016.10.10

#01 土地有効活用【賃貸マンション開発】東京都港区南青山五丁目〜 1991年3月竣工

Q. この物件が企画された頃の時代背景は?

実質GDP成長率が60年代後半のいざなぎ景気に迫る7%を超え(88年)、日経平均株価は38,957円の史上最高値を記録し(89年)、着工面積は73年の列島改造ブームを上回る2.8億m2(同年)で、東京一極集中により地価がピークを迎える、正に「平成バブル」絶頂期の89年に企画がスタート。急激な地価高騰により、法人は保有税対策、個人は相続税対策に躍起となって土地有効活用全盛の頃でした。

Q. この物件のコンセプトは?

表参道駅からほど近いブランド立地であり、如何に永続的に高賃料が取れる収益物件を創造出来るかに腐心しました。単純な店舗付き住宅ではなく、住宅部分は都心型DINKSやSOHO(当時はまだその言葉すら浸透していなかった頃)をターゲットとしたリトリートに、好感度な物販や飲食店舗をミックスした建物計画を企画しました。

Q. この物件が当時、画期的だった点は?

信託銀行から当社(当時は東急不動産)デベロッパーとしての総合企画力とサブリース力を期待されて情報をいただき、それに応えることで開発出来たことが一番かと思います。
また、敷地分割することによる効用は、相続税上の評価額が軽減されたことはもちろんですが、建物を構成する上で店舗面積を二倍配置出来たことで収益性は向上したことです。さらには、建物外観として住宅につきもののバルコニーの印象を軽減するべく、当時としては珍しいダブルスキン手法でマンションらしくないスタイリッシュな佇まいに仕上げることで四半世紀経過した現在でも陳腐化していないことですかね。

Q. この物件で苦労した点、問題になった点は?

都心に敷地500坪を所有されていた個人の相続対策から始まった案件で、単純計算でも数十億円の相続税がかかる土地でした。
まずは、「小規模住宅用地」の軽減特例の利用や「一筆評価」の原則により、土地を2分割し各々に建物を建設することで、ダブルで土地評価額を下げることとしました。また、万が一の場合に備え二棟のうちの一方を売却することで相続税が賄えるだけの土地面積を計算いたしました。ただし、敷地分割線の設定には苦労がありました。

Q. その問題を解決した方法は?

本来は敷地分割線にはフェンス等での仕切りが必要でありますが、一体感が損なわれるため、分割ゾーンに二棟の人車アプローチ通路を設けることで隣棟間隔を確保し、限られた敷地に対して有効な配棟が出来ました。設計者と行政の方々のご理解とご協力に依ることが大きかったと思います。

以上です。
ご多忙のところ、ご協力ありがとうございます。

★さらにご興味をいただけた方は会社HPも是非ご覧ください!★
アトランテ株式会社→http://www.atlante.co.jp

新着記事

  • ブログ 文月 令和元年~北海道天塩郡豊富町「日本最北端の街でのボランティア活動を通して」 2019.07.30

    文月 令和元年~北海道天塩郡豊富町「日本最北端の街でのボランティア活動を通して」

    東京が梅雨の真っ只中の今月下旬に、日本最北端の北海道宗谷地域に1週間ほどボランティア活動に行って来た。東京商工会議所を通して、港区と宗谷地域が5年前?に 提携したことで実現した第1回「ワーキングホリデー」制度を利用したものだが、実は年齢制限があったため一旦は断られたが、定員不足とのことでお鉢が回ってきたことによる参加だった。

    続きを読む
  • インフォメーション 北海道宗谷町村会と東京都港区連携の第1回「ワーキングホリデー」に参加し宗谷新聞に掲載 2019.07.24

    北海道宗谷町村会と東京都港区連携の第1回「ワーキングホリデー」に参加し宗谷新聞に掲載

    この度、田中扶美男が令和元年7月24日に掲載されましたのでご紹介いたします。天塩郡豊富町開催の第16回「サロベツ100マイルロード」で総務委員としての支援と豊富温泉三代目「川島旅館」での乳製品の加工のお手伝いの様子です。

    続きを読む
  • ブログ 水無月 令和元年~古都である奈良と京都の違いと奈良の将来性 2019.06.30

    水無月 令和元年~古都である奈良と京都の違いと奈良の将来性

    奈良と京都。いずれも日本を代表する古都。国宝や重要文化財の数は共に日本有数。観光資源は社寺、仏像と共通するところも多い。過去に日本の都でありながらその後一千年以上経過した現在、人口だけ見ても奈良県は147万人で京都府の約半分。奈良市は36万人で京都市の約1/4とその差は歴然。では何故にそうなったのか?歴史や文化、県民性の違いから現状を考察し、特に奈良の将来性を展望してみた。

    続きを読む